介護 管理職 求人

介護・管理職の求人探しにおすすめの求人サイトランキング!

1位 カイゴジョブ
カイゴジョブは、全国約5万件の介護職の求人情報が載っている介護職特化の求人サイトです。

 

東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスが運営しています。
カイゴジョブは介護職の3人に1人が利用したことのある求人サイトで、会員数は約60万人います。

 

カイゴジョブでしか掲載されていない限定求人や、登録会員だけしか見れない非公開求人もあります。
管理職の求人情報も他では掲載されない求人も多数載っているので、
転職活動の際にはチェックしておきたいサイトだと思います。

 

 

2位 介護求人ナビ
介護求人ナビは、カイゴジョブと同様、人気の介護職専門の求人サイトです。

 

カイゴジョブに並び、業界トップクラスの全国約5万件の求人数が載っています。
管理職の求人情報も多数です!

 

会員登録をすると、日々の新着求人情報や介護事業所からのスカウトの受け取りもできます。
転職前に知っておきたい転職ノウハウや転職お役立ち情報も参考になります。

 

 

3位 リクナビNEXT
介護事業所、管理職の求人情報を知るには、リクナビNEXTに登録するのもおすすめです。

 

リクナビNEXTは介護職だけでなく、多業種の求人を掲載している求人サイトです。

 

新着・更新求人は毎週1000件以上。
リクナビNEXTにしか掲載していない限定求人も約87%あります。

 

カイゴジョブや介護求人ナビで気に入る求人がない場合は、リクナビNEXTで探すのがいいと思います。

 

 

【介護】管理職の求人におすすめのカイゴジョブについて

 

求人サイト「カイゴジョブ」が会員数60万人いて、介護士の3人に1人が使っているのは、選ばれている人気の求人サイトである証拠です。
東証一部上場企業が運営元になっているというのも個人情報を提供する上で安心感があります。
また介護職に就く人の殆どは知っている求人サイトなので、多くの求人・良い求人が揃っているのも特徴です。
全国各地、大手から中小までの介護事業所の求人が揃っています。
カイゴジョブは、全国の中小事業所の経営支援も行っているため、他の求人サイトには掲載されない管理職求人の案件もあります。

 

もちろん、他求人サイトに載っている求人もありますが、それに加え、ハローワーク掲載の求人、カイゴジョブ限定求人すべてが揃っているのです。
これは管理職の求人を探す際にカイゴジョブさえ見ておけばいいということなので便利です。

 

ハローワークに行く必要はありませんし、カイゴジョブに登録しないと出会えない管理職求人もあるということです。
求人サイトですが、給与や勤務条件などの表面的な情報だけでなく、その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真なども載っているので、管理職の求人選びもしやすいです。
メールアドレスによる無料登録でカイゴジョブの管理職の求人は確認できます。

 

 

【介護サービス別】どこのサービスが管理職求人多いの?

 

管理職の求人を出している介護事業所だと、
どのサービスが管理職の求人を出しているのかチェックしてみました。

 

調べてみると、どの求人サイトも管理職求人のうち、約50%は有料老人ホームの求人のようです。
あとは、デイサービス、訪問サービス、グループホームの3つが比較的管理職の募集をしているところが多いです。

 

介護管理職の求人 応募資格はある?

 

管理職の応募する上で 応募資格はあるのでしょうか?

 

調べてみると、どの介護事業所も共通した応募資格はないようです。

 

例えば、以下のように、介護事業所ごとに求める人材が違うようです。

 

・初任者研修、実務者研修、介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事いづれかの資格所持が条件
・初任者研修orヘルパー2級以上の資格を持っていれば応募可
・マネジメント経験がないとNG
・同じサービス業態での勤務経験がないとNG
・普通自動車免許が必須

 

以上のように介護事業所ごとに求める人材は違います。
良い求人を見つけたかったら、数多くの求人の中から、あなたの希望にあった求人を探さないといけないということです。

 

それをする上でカイゴジョブは掲載数も多く、管理職の求人も多いので、
管理職求人を探す上ではおすすめできるサイトです。

 

 

介護職について
介護の仕事に就いてからもうすぐ15年になります。施設やディサービス、訪問介護等で働いて来ましたが、介護士は誰にも守ってもらえない職業だと感じています。
施設にしても訪問介護にしてもご利用者が一番なのは当然の事です。しかし、職員が不利益が生じた時誰が守ってくれるのでしょうか。
中には認知症であったり精神障害のご利用者もいます。ご利用者からの性的な嫌がらせや暴力を受けても泣き寝入りする事が殆どです。
5年程前に施設に働いていた時の事です。まだ入職したばかりの女性職員がご利用者から性的な嫌がらせを受けたことがありました。その女性職員が他のご利用者の食事介助をしている時後ろ側から体を触ったり、夜勤の時に巡視の時間になると全裸で待っていたり。いくらお年寄りでご利用者であっても毎日その様な事をされては精神的に参ってしまうのも分かります。
しかし、上司の意見は違いました。「隙があるからそういうことをされる。あんなお年寄りのご利用者にされて、嫌に感じる方がいやらしいことを考えている。ご利用者なんだからある程度我慢しなさい」と言うのです。他のご利用者に同じような事があれば何か対策を考えるが職員にされているだけの間は様子を見るようにとの事でした。周りの職員からも所属を変更してあげて欲しいと訴えましたがそれでは教育にならないと聞いては貰えませんでした。皆で協力しそのご利用者が女性職員に近付けない様に協力しましたが限度があり、女性職員は悩みながらも退職してしまいました。
ご利用者第一な考えは大事ですが、この場合はもっと出来る事があった様に思います。もう少し職員を守って貰えるような制度があれば離職率も下がるように思います。

 

介護の魅力とは
私は介護の仕事に就いて10年以上になります。
家族や友人等周りの人達は「すごいね」と褒めてくれる半面「きつくて大変でしょ」「汚い事もお世話しなくてはいけないし。臭いこともあるでしょ。」と言われてしまいます。
そういう事がある度に世間の人達から介護という仕事はそういうイメージなんだな。と感じます。介護の世界の万年人手不足はそういうイメージがある事が理由の一つでもあるのかも知れません。
もちろん、大変で辛いことも沢山ありますし。上記で挙げた様に汚く臭い仕事もあります。
でも、私が何年も介護の仕事を辞められずにいるのは辛い事と同じ位魅力もあるのだと思っています。
まず、私が一番魅力を感じているのはご利用者と過ごす時間がとても楽しい事です。冗談が好きでいつも笑わせてくれる人もたくさんいます。また、皆さん人生の先輩ですから悩みを聞いて下さったりすることもあります。
一緒に調理や掃除をする機会には「昔ながらの知恵」を伝授して頂いたりと本当に勉強になります。ご利用者の笑顔が大好きで私の方が元気をもらっているくらいです。
また、ちょっとした事でも「ありがとう」と言ってもらえる所にもやりがいを感じてしまいます。
その他にもコミュニケーション能力が付いたり介護の仕事をしていれば少しでも誰かの役に立っているかもという気持ちにもなれます。

 

働いてみないと分からない魅力が介護の仕事にはまだまだ沢山あります。この魅力に気付いて
介護の仕事に就こうと考えてくれる人が一人でも増えると嬉しいです。